筋ジスまっとんの日常

筋ジストロフィーであるまっとんのパートナーあずによるブログ。

今日もまた雨ですね

どうも、あずです。


今日は月一の通院の日で朝早くから出ており、ブログを書きながら既に限界を迎えつつあります。

雨は体力を著しく消耗しますね。


 

今日のごはん

 
冷蔵庫の中身がいい感じに減ってきていましたのであるもので簡単にといった感じです。
 
まっとんのリクエストである『白いご飯に合うおかず』を目標に、いろいろ限界の中手早く調理した結果このようになりました。
 
f:id:azux5296:20151118000656j:image
 

豚キムチ

 
口内炎の私には少々つらい辛さでした。
 
まっとんの方は玉の汗を鼻の頭に光らせながら食べていたので、一応大丈夫だったみたいです。
 
そろそろ口内炎治したいです。
 

 

いきなりだけどちょっと真面目な話

 
福祉の業界に居ると普通に生活している以上に『自立』という言葉を耳にする機会が多い気がします。
 
現に私も施設で仕事をした経験もあるのでこの言葉はよく直面するものでした。
 
若者全体のうち、一体どのくらいの割合が自立できているんでしょうね。
 
何を持ってして自立というのか。
 
その定義は一概に言えない気がします。
 
 
 

実際のところ…

 

重度の障がいを持った人が本当の意味で親から自立するというケースは限りなく少ないイメージがあります。

一言で言うと、私達が生活する上で何気なく行っている工程の一つ一つが時間がかかったり、注意しなければいけない項目が出てきたりするわけです。

私も経験してみて分かることが沢山ありましたし、これを親御さんたちは現在に至るまでずっと続けてきたことに対して尊敬の念を抱きます。

 

私が小さい頃はまだ制度も整っておらず、何をするにも一から作り出す作業が多かったと聞きます。

 

そうした親御さん達の動きがあって今の生活ができていることを思うと、本当にありがたいことです。

 

親を安心させるのはまだまだ先になってしまうかもしれませんが、私なりに充実した生活を送っております。

 

いつかお世話になった皆さん一人一人にご挨拶できたらいいなと思います。

 

そもそもなんでこんな話をしているかと言うと

 
実はまっとん、11月18日で27歳になります。
 
おめでたいですね!
 
去年は誕生日は一緒に過ごせなかったので、そういう意味では一年でこの状況なのに自分でも驚きです。
 
ここまでこれたのも周りの皆さんの支えがあったからこそです。
 
これからもいろいろなところでご心配、ご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、まっとん共々温かい目で見守ってもらえたらと思うばかりです。
 
改めて、まっとん誕生日おめでとう!