読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

筋ジスまっとんの日常

筋ジストロフィーであるまっとんのパートナーあずによるブログ。

突然ですが、2020年は東京オリンピック・パラリンピックですね

どうも、あずです。

 
本日は気になったニュースについて。
 
 

障がい者スポーツの存在

 
たまたまニュースで面白い特集を見かけました。
f:id:azux5296:20160319125026p:image
アスリートと漫画家のコラボで障がい者スポーツについてのPR動画を作成したそうで。2020年の東京オリンピックパラリンピックに向けての啓発活動の一環のようです。
 
こちらから動画も見ることができます。
 
キャプテン翼高橋陽一先生やあしたのジョーちばてつや先生などよく知っている漫画家さんが障がい者スポーツを自身のタッチで描かれていて、動画と上手く融合されています。
 
映像もそうですが、音楽がめちゃくちゃカッコいい。KenKenさん一人で楽器からボーカルまで全部の音源作ったそうです。なんだ、天才か。
 
ニュースによれば、障がい者スポーツの認知度は高いが実際に生で見たことがある人はほとんどいないということでした。確かに私もついこの間初めてウィルチェアーラグビーを知ったくらいですし(ウィルチェアー(車いす)ラグビーの見学に行ってきました - 筋ジスまっとんの日常)実際の試合となると『どこで観れるの?』といった程度です。
 
実際に調べようと思っても、情報が少ないというのもあって私もどうすればいいのか悩むくらいです。
 
2020年の東京オリンピックパラリンピックまでの期間を考えると、この時点ですら若干遅い気もします。日本が他の国と違って遅れてると言われるのはこういう所を見るとすごくよく分かります。
 
もっと頑張って欲しいところです。
 

障がい者スポーツに関連して

 
障がい者サッカー関係で活動されている知り合いのFacebookシェアで知りましたが、サッカー業界では障がい者サッカーの協会が遂に設立されたそうですね。
 
 
他の障がい者スポーツがどのような仕組みになっているのかは詳しく知らないのですが、こうした動きはとても大切だと思います。
 
まずは一人でも多くの人に知ってもらうことが、理解の第一歩なのではないかなと日頃から感じます。
 
 
 
オリンピックに関しては、個人的に一度でいいから観に行ってみたいという思いが少しだけありまして。
 
今までは『東京』という文字は随分遠い存在だったのですが、人間変わるものですね。一度車で行けてしまうと、どうにかすれば行けるかもしれないという感覚になっている自分がいます。
 
ここ数年で1年で周りの環境が色々変わった私の場合を考えると、5年もあれば何が起こるか分からないことはなんとなく想像がつきます。オリンピックに関しても、今行くと決めておいて後からなんとかなれば面白いかなと心のどこかで思うのでした。
 
 
それでは今日はこの辺で。
 
 
 
【まっとんのLINEスタンプ発売中】
f:id:azux5296:20160319133614p:image
LINEアプリからの直接購入はこちら
プレゼントなどPCの場合はこちらから
 
 
【まっとんのニコ生コミュニティ】
毎週土曜日22時頃からゆるーく放送中